臨床検査AtoZ
臨床検査とは
臨床検査のフローチャート
検査と病気の関係
検査項目と疾患1
検査項目と疾患2
検査項目と疾患3
検査項目と疾患4
検査項目と疾患5
検査項目と疾患6
検査項目の内容
リンク
検査と病気の関係|検査項目と疾患3
もどる
 
検査項目
AST

●検査の目的
 AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)は酵素の一種で、心臓の筋肉や骨格筋、肝臓に多く含まれています。心臓や肝臓などの臓器になんらかの障害があると、血液中にASTが漏れ出してきます。ASTは、血液中のASTの量により、主に肝臓や心臓にどの程度の障害が起きているかを知ることができます。ASTの数値が高い場合、ALTや総ビリルビンなど、他の検査値も考慮して判断します。
●基準値
 1リットルの血液のなかに10〜40単位が基準。それより多い場合は異常。なお激しい運動の後などに、一過性の上昇が見られる場合もあります。
●異常値の場合に考えられる主な疾患
 基準値より高い場合、心臓・肝臓の異常が考えられます。ALT数値も高い場合は、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、脂肪肝など。特に急性肝炎では2000〜3000単位といった高い検査値になることもあります。ALTが正常に近い場合は、心臓の異常、例えば心筋梗塞などが疑われます。
●受診時または検査時の注意点
 肝臓は容量の大きい臓器で、同時に回復力の高い内臓です。従って検査値で異常が見られるということは、肝臓が体を支えきれなくなった証拠。痛みなどの自覚症状はまずないので、定期的に検査を受け、自分の基準値を把握しておきましょう。
Top Page もどる ページのトップへ
Copyright (C) 1999-2006 Japan Registered Clinical Laboratories Association. All rights reserved.