臨床検査AtoZ
臨床検査とは
臨床検査のフローチャート
検査と病気の関係
検査項目と疾患1
検査項目と疾患2
検査項目と疾患3
検査項目と疾患4
検査項目と疾患5
検査項目と疾患6
検査項目の内容
リンク
検査と病気の関係|検査項目と疾患4
もどる
 
検査項目
LD

●検査の目的
 LD(乳酸脱水素酵素)は、体内のブドウ糖がエネルギーに変わる時に働く酵素で、肝臓、心臓、血液、骨格筋などに多く含まれています。これらの組織に異常がある場合、血液中のLDの濃度が濃くなります。
 LDは身体の広い範囲に存在しているため、基準値より多い時には、なんらかの疾患が起きている可能性がありますが、どこに異常があるのかを特定することが必要です。そのため肝臓の異常の場合は、AST、ALTをはじめ他の肝機能検査の結果をもとに診断します。また、LDの種類と量を調べるLDのアイソザイムと呼ばれる検査もあり、それによって異常箇所を特定することができます。
●基準値
 1リットルの血液のなかに115〜245単位が基準。激しい運動や妊娠によっても数値が高くなる場合があります。
●異常値の場合に考えられる主な疾患
 基準値より高い場合には、心筋梗塞、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、骨髄性白血病、悪性腫瘍、腎臓疾患、筋ジストロフィー、容血性貧血などの疑いがあります。
●受診時または検査時の注意点
 LDに異常があるだけでは、身体のどこに異常があるか判断できません。他の検査結果や黄疸の有無などを総合して判断しますが、自分でも身体の中の声(症状)に耳を傾けてみてください。
Top Page もどる ページのトップへ
Copyright (C) 1999-2006 Japan Registered Clinical Laboratories Association. All rights reserved.