臨床検査AtoZ
臨床検査とは
臨床検査のフローチャート
検査と病気の関係
検査項目と疾患1
検査項目と疾患2
検査項目と疾患3
検査項目と疾患4
検査項目と疾患5
検査項目と疾患6
検査項目の内容
リンク
検査と病気の関係|検査項目と疾患4
もどる
 
検査項目
中性脂肪

●検査の目的
 中性脂肪は、エネルギー源であるブドウ糖が不足した場合、それを補うためのエネルギー源です。体内に取り込んだエネルギーが余った場合、肝臓で中性脂肪が合成され、皮下脂肪として蓄えられます。
 このように中性脂肪は人間の体になくてはならないものですが、肝臓で増え過ぎれば脂肪肝に、皮下組織で増え過ぎれば肥満につながります。中性脂肪の量を調べることは、様々な病気の温床を断つことにつながるのです。
●基準値
 正常な場合は1デシリットルの血液のなかに50〜149ミリグラム。家族に太っている人が多いなどの体質的な条件もありますが、一般に太っている人は高めの数値になります。また、食事の摂り方も検査値に大きく影響します。
●異常値の場合に考えられる主な疾患
 基準値より高い場合は高脂血症、糖尿病、ネフローゼ症候群、膵炎、甲状腺機能低下症など。低い場合は、肝臓病、甲状腺機能亢進症、アジソン病、副腎機能不全などの疑いがあります。
●受診時または検査時の注意点
 中性脂肪の検査は、空腹時に行うのが基本です。中性脂肪の増加は、多べ過ぎやカロリーの摂りすぎが原因になることが多いようです。直接病気につながるわけではありませんが、動脈硬化をはじめ危険な病気の原因になりかねません。検査で高い数値がでた場合は体重を落とすこと、摂取カロリーを減らすこと、適度な運動をすることを心がけましょう。
Top Page もどる ページのトップへ
Copyright (C) 1999-2006 Japan Registered Clinical Laboratories Association. All rights reserved.