臨床検査AtoZ
臨床検査とは
臨床検査って何?
検査で何が分かるの?
衛生検査所をご存じですか?
検査は誰が?
精度管理をご存じですか?
ご自分の健康時の値を知っていますか?
検査技師になるには?
臨床検査のフローチャート
検査と病気の関係
検査項目の内容
リンク
臨床検査とは|臨床検査って何?
 
 病院で採血や検尿をしたことはありますか?実は、それが臨床検査です。臨床検査は、患者から採取した血液や尿、便、細胞などを調べる「検体検査」と、心電図や脳波など患者を直接調べる「生理機能検査」の2つに大きく分けられます。検体検査は、患者から検体を採取するところまでは医療行為とみなされるので医療機関でしか行なえませんが、採取後の検体については適切な保存条件(温度や時間)が守られれば医療機関外での検査が可能です。そうしたことから多くの医療機関では、検体検査の一部またはすべてを外部検査施設に委託しているのが現状です。外部委託されている検体検査のほとんどを民間の衛生検査所で行なっています。
■検体検査
尿・便などの一般検査 成分を調べて腎臓や肝臓の異常を検出したり、消化器の異常をチェックします。
血液学的検査 赤血球や血色素から貧血の程度を、白血球の多さから炎症の程度などを把握します。
生化学的検査 血液中の糖質、蛋白質、ビタミン、ホルモンなどを調べ、臓器の異常を把握します。
免疫血清学的検査 免疫機能の状態を調べることで、身体に侵入した細菌やウイルスを特定します。
微生物学的検査 採取した検体を培養し、病気を引き起こす細菌などの微生物を検出します。
輸血・臓器移植関連検査 輸血のための血液型検査や交叉適合検査、臓器移植のための臓器適合検査があります。
遺伝子検査 遺伝子を調べてDNAの異常を検出します。
病理学的検査 身体の臓器や、その組織の一部あるいは細胞を顕微鏡によって観察し、悪性細胞などを見つけます。
■生理機能検査
心臓系検査 心電図、心音図、脈波などを調べ、 心筋梗塞や心不全などの診断に利用します。
脳波検査 頭皮に電極を装着し、α波やβ波などの電気的信号を 脳波計で記録して脳神経などを調べます。
眼底写真検査 眼底カメラで網膜を撮影し、動脈硬化や糖尿病などで血管系に 起こる変化を調べます。
呼吸機能検査 肺活量など呼吸器の機能測定を行い、レントゲンではわからない肺や気管、気管支の状態を調べます。
超音波検査 身体に超音波を当て、 その反射波によって臓器や胎児の状態を調べます。
磁気共鳴画像検査 身体に磁気を当て、共鳴エネルギーを 画像にして異常の有無を調べます。
熱画像検査 身体の表面温度をカラー画像化し、 熱分布を調べて患部などを把握します。
Top Page ページのトップへ
Copyright (C) 1999-2006 Japan Registered Clinical Laboratories Association. All rights reserved.