刊行物/書籍のご紹介
協会紙「ラボ」のご紹介
最新号
450号〜499号
400号〜449号
350号〜399号
300号〜349号
250号〜299号
200号〜249号
150号〜199号
100号〜149号
50号〜99号
0号〜49号
購読のお申し込み
検査のはなし
刊行物のご紹介
書籍のご紹介
協会紙「ラボ」のご紹介
 
49号
●老人保健法施行と検査
 施行後の影響は
●日本衛生検査所協会主催臨床検査月間大会
 シンポジウムから
●特集 21世紀の医療
 21世紀における臨床検査室・検査センター
 自治医大臨床病理学教授 河合 忠先生
●ユーザーと検査センター座談会から
 検査料_理解不足が問題
●関東協・新年名刺交換会開く
●地方自治体精度管理調査
 東京都コントロールサーベイ大第1回実施
●世相ア・ラ・カルト
 フクロの味 おふくろの味
48号
●新春に想う 厚生大臣 林 義郎
●年頭所感 日本医師会会長 花岡堅而
●年頭に思うこと 日本衛生検査所協会会長 山本義教
●新春座談会 ユーザーと検査センターのそこが聞きたい
 “一方通行”ではいい検査はできない
●第5回臨床検査月間大会体験研究発表会
 これからの地域医療を考える
 東京クリニカルラボラトリー 藤井幹夫
 Anti-deixyrionuclease-B(AND-B)のルチン化にあたっての経験
 病体生理研究所 藤井 悟
●「地域医療に於ける検査センターの役割」
 若松臨床検査研究所 寺尾力松
●新年明けましておめでとうございます 今_私たちは─
47号
●臨床検査月間大会_意義高く
●パラメディカルの一員として全力を
 来賓の先生がた、期待と要望を強調
●第5回臨床検査月間大会を終えて
 日本衛生検査所協会会長 山本義教
●ラボ現場報告(1) 私たちのQC
●これからのプライマリ・ケアは
 日本プライマリ・ケア学会東京支部
●検査業務のTQCを考える_(4)
 分析前の諸問題に対する学術的考察
 日本医学研究所所長 若林正雄
●第5回日衛協精度管理調査
 一段と充実
●論壇 冬の時代_寒波に耐える経営一途
 日衛協営業委員長 二階堂信也
●世相ア・ラ・カルト
 演歌も治療のうち
●検査設備・機械・試薬情報
 736シリーズ日立自動分析装置
46号
●全国に広がるレベルアップ活動
 日衛協各地域組織 医療の変革期に臨んで共同歩調強化
●第29回日本臨床病理学会総会に見る研究方向とその成果
●検査業務のTQCを考える_(3)
 分析前の諸問題に対する学術的考察 
 日本医学研究所所長 若林正雄
●関係諸団体のご協力を得て日衛協法人化促進へ
 日本衛生検査所協会法人化特別委員長 森 成之
●北陸地区協から
 営業の適正化はおおむね維持
●世相ア・ラ・カルト
 栄光を復活したハリ治療
●検査設備・機械・試薬情報
 全自動電気泳動装置CTE-300新登場
45号
●第5回臨床検査月間
 11月1日より始まります
●医療費抑制効果 急!
 昭和55年度診療行為別調査まとまる
●55年度診療行為別調査(厚生省調べ)
●検査業務のTQCを考える_(2)
 検査の周辺整備でトラブルの大半が解消 
 千葉大学附属病院検査部 講師・医搏 中 甫先生
●精度管理調査
 正常値について考える(4) 関東逓信病院副院長 春日誠次先生
●医療の素顔_(13)
 医療の進歩は検査の進歩 白木内科院院長 白木洋二先生
●四国地区協から
 地元センターは協調しているが_
●検査設備・機械・試薬情報
 テストール No115改良型新発売
●第7期(生化学コース)検査専門学院スタート
44号
●医科のみ抑制効果?
 保健点数改定後この一年「支払基金」の実勢
●保健点数改定と追加
 疑義事項解釈こうなる
●臨床検査のはなし
 好評で_一流書店が販売
●検査業務のTQCを考える_(1)
 TQCとは何か_その基本的な考え方について 
 武蔵工業大学教授 工学博士 今泉益正
●精度管理調査
 正常値について考える(3) 関東逓信病院副院長 春日誠次先生
●近畿地区協 日本の業界オーバーラップするか
 「アメリカの検査業界をきく会」を開く
●第16回日医精度管理調査 実施要綱決まる
●医療の素顔(12)
 診断とは“神の総代理店”
 目白病院検査室主任・
 インターナショナル・アカデミック・オブ・サイトロジー(細胞診国際学会)会員
 加藤晃子先生
●中部地区協から
 やるなら実質的に「TQC活動」
●東北地区協から
 いまだ揺籃期の様相そのなかで
●検査設備・機械・試薬情報
 全自動免疫化学分析装置・試薬 LA-SYSTEM
43号
●第8回日本病理学会 医の倫理を問う
 経営悪化の下どう貫くか
 医の倫理と検査センターの立場
●臨床検査のはなし
 好評で_一流書店が販売
●第3回臨床衛生検査所問題研究会
 五つの問題点を摘出「解決の方法はある」
●現代の医療と検査 よもやま話(連載)
 (2)いま一臨床検査は機能しているか
 自治医科大学教授・日本大学客員教授 臨床病理部長・医博 河合 忠
●医療の素顔
 柴山内科医院院長 医療法人慈誠会東武練馬中央病院 医学博士 柴山 豊先生
●精度管理調査
 正常値について考える(2) 関東逓信病院副院長 春日誠次先生
●検査設備・機械・試薬情報
 甲状腺髄様癌の診断に カルシトニンキット「第一」
42号
●TQC活動を推進します
 民間検査センターの総合的な「質」の向上へ
●民間検査センターのTQC
●現代の医療と検査 よもやま話(連載)
 (1)かしてやれない_かりない医者の手
 自治医科大学教授・日本大学客員教授 臨床病理部長・医博 河合 忠
●夏場の検体
 採取と輸送の間 “汗をかく検体”の嘆き
●臨床検査の進め方
 日本衛生検査所協会名誉会長・認定臨床検査医 田中俊彦
●精度管理調査
 正常値について考える(1) 関東逓信病院副院長 春日誠次先生
●医療の素顔
 地域に溶けこむ診療 山崎内科小児科医院長 医博 山崎喜義先生
●すすむ医学と倫理 第8回日本病理学会
●世相ア・ラ・カルト
 世にも不思議な水の物語 ゲルマニウム132の“水源”をゆく
●検査設備・機械・試薬情報
 オリンパス多項目自動分析装置 9月新製品登場
41号
●第9回日本衛生検査所協会総会 札幌で開く
 総意を集めて 地域医療により貢献を
 より緊密な協調と団結を 
 山本義教会長 新しい時代の決意を語る
●好評 臨床検査のはなし
●外資上陸か一噂の中で ラボ_日米交流の問題点は
●民間センター 鵜呑みにできない調査成績?その理由
 精度管理のQアンドA(2)
 北里大学医学部教授(臨床病理学) 斉藤正行
●精度管理システムについて 多様な精度管理法
●第31回臨床衛生検査学会
●新会長に佐藤和身氏
●'82モダンホスピタルショウ(東京・晴海)
●昭和57年度事業活動 日衛協基本方針決まる
40号
39号
●真の問題点はどこに
 “外注検査”の語られざる本質をつく
●斯界初のわかりやすい案内・手引書です
 「臨床検査のはなし」好評発売中!
 金子 仁先生 佐藤乙一先生 只野寿太郎先生 岩路昌之先生 共同執筆
●免疫化学とは何か_生物学的、病理学的検査の“原点”
 臨床検査月間特別研修会での東京医大鈴田教授の講演より
●民間検査センターたゆみなく精度管理へのチャレンジ
 第8回日衛協精度管理調査の実施とその意義
●全国の衛生検査センター分布わかる
●ホスピタルショウに協力
●第6回検査専門学院スタート
●臨床衛生検査学会(福岡)
 金子仁先生(日本医科大学教授)第三代老人病研究所所長に就任
38号
●確かな一歩_第4回臨床検査月間大会開く
●「臨床検査のはなし」購読お申込み受付中
●臨床検査月間大会が語るもの_検査サービスの変革期
●なぜ実現を望む日衛協法人化
●第2回臨床検査問題研究会開く
●寄稿 ダムの決壊を坐して待つのか 二階堂信也
●わが国の医療における検査サービスの位置づけ(III)
 野村総合研究所産業経済経済研究部主任研究員 宮崎慶三
●世相ア・ラ・カルト
 一度はどうぞ吉原へ
37号
●臨床検査月間始まる
 一段と充実の精度管理調査など
●各界に響け!法人化への合唱
●国民医療にかかわり深い臨床検査が“一読瞭然”
 臨床検査のはなし
●はじめて衛生検査所数わかる
●わが国の医療における検査サービスの位置づけ(II)
 医療費は増大する
●アメリカの“ローカル・ラボ”をたづねて
 日本衛生検査所協会 広報委員長 鴨川 茂
●関東協・新名刺交換会
36号
●新年のごあいさつ 厚生大臣 森下元晴
●年頭所感 日本衛生検査所協会会長 山本義教
●ラボ紙上座談会
 日衛協の“法人化”問題を問う
●わが国の医療における検査サービスの位置づけ(I)
35号
●意外に多い請求洩れ
 レセプト_減収言々を前に、見直しを
●臨床衛生検査への提言
●第1回近畿地区協臨床検査大会
 検査センター分析前の諸問題  日本医学研究所 若林正雄氏講演
 衛生検査所のあり方 大阪府医師会理事 横田文吉先生講演
●出版ご案内
 誰でもわかりやすく正しく理解できる「臨床検査のはなし」
●慢性疾患指導管理料の算定の取扱い等について
●療養の給付に関する疑義解釈について
●日衛協この一年
34号
●ここまできた核医学
 核医学の特徴と位置づけ
●臨床衛生検査への提言
 検診データと精度 国立八日市病院院長 仁木偉嵯夫
●点滴 ついに人間はガンを征服するか
●意見交換会 そこが聞きたい
 検査技師の地番は安泰か?
●検査室“そっくり外注”の是非
●第1回近畿地区臨床検査大会開く
●健康一検査に強い関心 アンケート調査まとまる
●臨床衛生検査の歩み
 検査技師会の定着(IV) 日本衛生検査技師会会長 佐藤乙一
33号
●保険点数改訂から3ヵ月
 “受難期”意識が強い
●臨床検査業務指導普及月間
●点滴 100万通一アンケート調査の答
 「検査を受けて良かった」
●はじめて開かれた“外注セミナー”
 民間検査所の上手な活用は
●RI問題研究会で緊急な行政課題
●検査まつり盛大に終わる
●厚生省 11月に検査所実態調査
●臨床検査専門学院第5期教育スタート
●臨床衛生検査の歩み
 検査技師会の定着(III) 日本衛生検査技師会会長 佐藤乙一
32号
●成人病はハネ返せる一か
 高齢化社会にのぞまれる予防医学_検査の保険適用は
●臨床衛生検査への提言 データー管理を完全に
 浜松医大附属検査部長 医学博士 菅野剛史
●どこまで進むかラボの自動化
 限りなき国民医療への貢献をめざして
●自動化学会開催さる
●未登録センター問題決着へ
●病院医療危機突破全国大会
●第2回RI懇談会開催
●近畿地区臨床検査大会10月26日開催
●'82モダンホスピタルショウ実施案決まる
●臨床衛生検査の歩み
 検査技師会の定着(II) 日本衛生検査技師会会長 佐藤乙一
31号
●特集 民間衛生検査所の正しい実態は
●臨床衛生検査への提言
 将来を見通した検査体制確立を
 東京医大血清学教授 鈴田達男
●内部座談会 あえて、衛生検査所問題を裸にすれば
 テレビに映らなかった実像と虚像
●衛生検査所管理者講習会 受講者募集_RI協会
●衛生検査所に関する疑義について 厚生省医務局医事課長
●業務指導普及月間
●関東協 第3回検査まつり
●臨床衛生検査の歩み
 検査技師会の定着(I) 日本衛生検査技師会会長 佐藤乙一
30号
●茶の間に“公開”された臨床衛生検査
 テレビ放映の実像とその影
●臨床衛生検査への提言
 正確・迅速なデーターを
 東京大学医学部附属病院 中央検査部副部長 水岡慶二
●点滴 松のことは松に習え
●保険点数表改正に関す留意事項
●紙上対談 これからの検査と試薬を考える
●日本臨床検査専門学院6月23日開校
●新刊紹介 臨床検査研修ハンドブック
●臨床衛生検査の歩み
 検査技師会の生いたち 社会保険中京病院技師長 稲生富三
29号
●検査保険点数改正
 心配されるその影響
●点滴 最大の試練を迎えた民間検査業界
●検査保険点数改正の主旨概要
●検査保険点数改正をこう思う
 「医師の立場から」 豊島区医師会 臨床検査センター所長 木下満洲夫先生
 「医療制度にビジョンを」医事弁護士 饗庭忠男先生
 「医療は産業ではない」国立立川病院検査技師長(日臨技会長)佐藤乙一先生
 「不毛な競争_自覚するチャンス」検査センター 二階堂信也氏
 「被保険者の立場から 返って検査が増えるのではないか」会社経営者 宮沢一郎氏
 「医療機関の信託に応える決意」日本衛生検査所協会会長 山本義教
●(付録)改正保険点数早見表
28号
●検査は“命”の信号だ(2)
●臨床衛生検査への提言
 委託検査センター“移行”の是と非
 三井記念病院 中央検査部部長 医学博士 清瀬 闊先生
●点滴 一葉目を蔽えば泰山を見ず
●座談会 新しいRIA検査とその方向
●日衛協昭和56年度活動方針決まる
●臨床衛生検査の歩み
 検査技師会の生いたち 社会保険中京病院技師長 稲生富三
27号
●臨床衛生検査への提言
 検査センター間の制度管理のバラツキ克服を
 大阪市立大学中央臨床検査部長 医学博士 奥田 清先生
●点滴 制度管理ブラインド方法導入の可能性
●おたくは大丈夫ですか汚水処理対策
●'81国際モダンホスピタルショウに検査コーナー
●新・検査技師法施行を追って
●臨床衛生検査の歩み
 検査技師会の生いたち 社会保険中京病院技師長 稲生富三
●只野先生佐賀医大教授に就任
26号
●国民医療へのより多き貢献をめざして
 第3回臨床検査月間終幕
●汚水処理対策 監視強化病院抜き撃ち
●臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律の一部改正について
 厚生省医務局医事課課長補佐 紺矢寛朗
●臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行規則の一部を改正する省令
25号
●法改正成る!
 臨床・衛生検査技師等改正法律3月6日施行
●第1回臨床衛生検査所問題研究会
 討議内容と医療との関係
●ラボ学術版
 正常値とは何か
 虎の門病院 生化学科部長 臨床化学検査部長 北村元仕
●自主規制の行方
 コスト_企業機密と自主規制のギャップ
●精度管理と品質表示を考える
●ラボ業界もう一つのコミュニケーション
 関東協新年名刺交換会盛会
●日衛協の組織拡大ここまで進む
24号
●新年の御挨拶 厚生大臣 園田 直
●未登録許されず
 臨床・衛生検査技師法等の改正の焦点
●良識を問われる年
 日本登録衛生検査所協会会長 山本義教
●新春座談会 ラボ業界の軌道どう変わる
 信頼確立の年に
●検査技師法等改正法の骨子
●臨床検査月間2月実施
●各地区協より新年のごあいさつ
●臨床衛生検査の歩み
 歴史をつくった人たち一協会の結成 田中俊彦(日衛協名誉会長)
●臨床検査ロータリー8
 業務上感染の防止
●ラボ学術版「血清鉄とその臨床検査」 
 京浜予防医学研究所生化学部長 菊池義昭
23号
●検査技師法改正通過
 衆・参両院の先生がたのこ努力実る
●座談会 アメリカの臨床化学と検査センターの見聞報告(3)
 RIAが主流 米国の特殊検査を見る
●未組織地区の結成気運急速に高まる
●臨床検査 話題の商品
 東芝多項目自動化学分析装置
●臨床衛生検査の歩み
 歴史をつくった人たち一協会の結成 田中俊彦(日衛協名誉会長)
●臨床検査ロータリー7
 臨床センターと特殊検査
22号
●民間検査センターの組織化進む
 シンポジウム 自ら問う衛生検査所の役割
●座談会 アメリカの臨床化学と検査センターの見聞報告(2)
 手先き不器用が細菌検査の自動化
●アメリカ合衆国における臨床検査所
 その規制の実際 相互生物研究所副社長・医学博士 石戸利貞
●臨床検査 話題の商品
 肝性ウイルス 関連抗原・抗体の測定
●臨床衛生検査の歩み
 歴史をつくった人たち一協会の結成 田中俊彦(日衛協名誉会長)
●臨床検査ロータリー6
 臨床センターと特殊検査(下)
13号(通巻21号)
●営業適正指導普及月間 第2回臨床検査まつり盛大に
 来賓ごあいさつより
●シンポジウム 現代医療における衛生検査の役割
●『衛生検査所問題研究会』が発足
●アメリカ合衆国における臨床検査所
 その規制の実際 相互生物研究所副社長・医学博士 石戸利貞
●臨床衛生検査の歩み
 歴史をつくった人たち一協会の結成 田中俊彦(日衛協名誉会長)
●臨床検査話題の商品
 島津自動生化学分析装置CL-30
●世相診断
 今日は大丈夫?
●臨床検査ロータリー5
 臨床センターと特殊検査(下)
12号(通巻20号)
●準備成って 第2回臨床検査まつり
●医療と検査
 小池内科・小児科医院 院長・医学博士 小池 昭先生
●PFDによる検査の実際
 東京女子医科大学消化器病センター内科 竹内 正教授
●臨床衛生検査の歩み(9)
 歴史をつくった人たち一その体験と理想
●アメリカ合衆国における臨床検査所
 その規制の実際 相互生物研究所副社長・医学博士 石戸利貞
●世相診断
 公平な判断はお医者さまに
●臨床検査ロータリー4
 臨床センターと特殊検査(中)
11号(通巻19号)
●登録の義務化へ
 検査技師法等改正歩調合わせ
●全国組織強化へ全力投球
●営業適正指導普及月間
●特集 ラボ生存へ行動!
 適正化_考えるだけならロダンにまかせておけばいい
●誠意をもって話し合え!
 検査料率問題は落ちつくところに落ちつこう。
●適正化シンポジウム
 北海道・関東・近畿・中四国・九州で
●臨床検査所問題研究会 学識経験者を集めて発足へ動く
●臨床検査ロータリー3
 臨床センターと特殊検査(上)
10号(通巻18号)
●協会推薦の先生方 ご当選
 おめでとうございますご活躍を期待します
●ご当選おめでとうございます
 日本登録衛生検査所協会会長 山本義教
●これからの国会活動で
 衆議院議院(自由民主党)小沢辰男先生
 衆議院議院(自由民主党)住 栄作先生
●第29回日本臨床検査学会
 限りなき技術向上をめざして
 日臨技は許可制をめざし活動
●北海道地区衛生検査所協会が発足
 医師会立・未登録センターも合体
●臨床検査ロータリー
 科学・医学の爆発的発展は19世紀の半ばから
9号(通巻17号)
8号(通巻16号)
7号(通巻15号)
6号(通巻14号)
●これからの医療、その中の検査を考える_
 検査_立法の精神を生かすために手を貸そう 衆議院議院 八田貞義先生
●病理検査について(1)
 老人病研究所 日本医科大学教授 金子 仁
●私は“検査”をこう思う
 検査して_なぜ誤診が出るのかな?
●紙上対談 検査室の立場から
●システマティックな教育を
 大阪市立大学中央臨床検査部長 医学博士 奥田 清教授
●検査業界各地の表情 ホットな競争はお断り!!
●研究論文 SLEと抗DNA抗体について 三五智恵子
●世相縁の下
 お山の大将だけでは生きられない
5号(通巻13号)
●新年の御挨拶 厚生大臣 野呂恭一
●80年代臨床検査の方向と全臨協
 全国臨床検査所協会会長 田中俊彦
●紙上座談会 80年代は女の時代
●医療その素顔(3)
 稲葉産婦人科・外科 東京腋臭研究所所長 稲葉益巳先生
●臨床衛生検査の歩み(2)
 歴史をつくった人たち一その体験と理想
4号(通巻12号)
●検査業界に対する社会的関心高まる
 「検査センターの正しい利用のしかた」
 日本医師会精度管理検討委員会委員
 東京都医師会臨床検査センター運営部委員長 木下満洲夫
●第1回全国『臨床検査月間』
 成果をあげて終幕
●“健康系図”を作りたい一その中の検査
 大阪・大東市立市民病院 事務局長 萩谷周作様
●ラボ関東協版
 臨床検査月間評価一段と
●医療その素顔?
 医療法人鵬友会 協和病院・精神衛生問題研究所 理事長・院長 椿 政司先生
●「検査月間」講演概要
 「脂質代謝と病気」
  信州大学教授 医学博士 橋本 隆先生
 「DIC診断と治療」 
 東京都老人総合研究所臨床第二生理研究室長 医学博士 松田 保先生
 「営業マンの自覚」
  日大商学部教授 刀根武晴先生
●臨床衛生検査の歩み(1)
 歴史をつくった人たち一その体験と理想
●成人の保険対策を考える
 北九州に見る実態と課題
 福岡県臨床衛生検査技師会副会長
 北九州市小倉南保健所検査室長 須崎 忠
●シンポジウム「臨床検査はこれでいいのか」
●姿勢正す北海道検査業界
●世相縁の下
 コンクリート固まる トラブル解消らくらく経営
3号(通巻11号)
●第1回『臨床検査月間』
 レベルアップと適正化に向かって11月1日より開幕
●橋本厚生大臣、米沢隆先生と全臨協役員と初の懇談会開く
●第1回 臨床検査月間特集
 「意識の向上によりよい効果を」厚生省医務局医事課技官 神谷定茂
 「“望まれる姿”を問うものとして」日本病院会理事 大野松次
 「月間での精神を今後の発展に」日本臨床衛生検査技師会事務局長 佐藤和身
●積極参加を一日本医師会精度管理調査
●全臨協一法人化に向けて
 日本登録衛生検査所協会と名称変更の予定
●福岡協_順調に前進
●栃木県・理想的な進展
●各地区で講演会研修会開催
●世相縁の下
 男の料理
 

 
Top Page ページのトップへ
Copyright (C) 1999-2006 Japan Registered Clinical Laboratories Association. All rights reserved.