検査のはなし

検査結果でわかること
    タイトル   筆者   掲載号
平成14年度(2002.4〜2003.3)
◎ 3月 梅毒血清検査で異常があるといわれたら 〆谷 直人 [ラボNo.290より]
◎ 2月 呼気テストで異常があるといわれたら 町田 勝彦 [ラボNo.289より]
◎ 1月 C型肝炎ウィルス検査で異常があるといわれたら 佐藤 尚武 [ラボNo.288より]
◎12月 B型肝炎ウィルスの検査で異常があるといわれたら 岩谷 良則 [ラボNo.287より]
◎11月 尿糖が陰性でも糖尿病なのですか? 富永 真琴 [ラボNo.286より]
◎10月 カルシウムが高い時 影岡 武士 [ラボNo.285より]
◎ 9月 中性脂肪が高い時 猪川 嗣郎 [ラボNo.284より]
◎ 8月 アミラーゼ検査に異常がある時 戸谷 誠之 [ラボNo.283より]
◎ 7月 コレステロールが高い時 岡部 紘明 [ラボNo.282より]
◎ 6月 頚動脈エコーで動脈硬化が認められた時 堀川 龍是 [ラボNo.281より]
◎ 5月 心電図で不整脈が認められた時 岡田 正彦 [ラボNo.280より]
◎ 4月 CRPが高い時 山田 俊幸 [ラボNo.279より]
検査結果でわかること
    タイトル   筆者   掲載号
平成13年度(2001.4〜2002.3)
◎ 3月 尿酸が高い時 木村 聡 [ラボNo.278より]
◎ 2月 尿素窒素(BUN),クレアチニンが高い時 久保 信彦 [ラボNo.277より]
◎ 1月 γ‐GTPが高い時 三宅 紀子 [ラボNo.276より]
◎12月 AST(GOT), ALT(GPT)が高い時 米川 修 [ラボNo.275より]
◎11月 血清蛋白が減少または増加している時 幸村 近 [ラボNo.274より]
◎10月 血小板が、減少あるいは増加している時 尾崎 由基男 [ラボNo.273より]
◎ 9月 白血球が、増加あるいは減少している時 佐守 友博 [ラボNo.272より]
◎ 8月 赤血球、ヘモグロビンが低下あるいは増加している時 腰原 公人 [ラボNo.271より]
◎ 7月 尿潜血が陽性の時 矢内 充 [ラボNo.270より]
◎ 6月 前立腺腫瘍マーカー(PSA)が高い時 高木 康 [ラボNo.269より]
◎ 5月 尿糖が陽性の時 西園寺 克 [ラボNo.268より]
◎ 4月 蛋白質が陽性の時 下条 文武 [ラボNo.267より]
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
 
Top Page ページのトップへ
Copyright (C) 1999-2006 Japan Registered Clinical Laboratories Association. All rights reserved.